新型コロナウイルス感染症に備えて ~一人ひとりができる対策を知っておこう~

内閣官房内閣広報室(首相官邸)

新型コロナウイルス感染症対策推進室(内閣官房)

(自民党)

平成研究会

平成研究会は、ひとり一人の暮らしを大切にするボトムアップの政治を行うために、これまで政治の真ん中を歩んで参りました。
戦後復興に励んだ吉田茂から脈々と続く伝統を守り、少子高齢化の対策や、ふるさと創生、人間の安全保障など、持続可能な社会をつくるために、包容力とぬくもりのある政治を研究する保守本流の政策勉強会です。

活動報告・お知らせ

Activity Report

津島淳 衆議院選挙プロモーションビデオ

孤独・孤立対策
 社会的不安に寄り添い、深刻化する社会的な孤独・孤立の問題について総合的な対策を推進するための企画及び立案並びに総合調整に関する事務を処理するため、内閣官房に、孤独・孤立対策担当室を設置いたしました。
 政府一体となって孤独・孤立問題に取り組み、より一層的確に必要とする方に支援をお届けいたします。
活動報告
齊藤なおひとさんとともにNew!!

自民党青森県連政経セミナーを開催。講師は、選挙対策委員長遠藤利明代議士です。 参議院議員選挙を充分に意識したセミナーで私からも参議院議員選挙の位置付け・重要性をお話し申し上げました。 午後は、青森市内2ヶ所でミニ集会。奥 […]

活動報告
岸田文雄総理に政策提言New!!

宮澤洋一先生に会長をお務めいただいている地域公共交通ネットワーク再構築議連。 このほど、計3回の関係者ヒアリングと気仙沼線BRT(Bus Rapid Transit)視察を踏まえ、議連で2回にわたり議論した提言を岸田文雄 […]

活動報告
地域公共交通ネットワーク再構築のためにNew!!

少子化・人口減少に加え、コロナ禍により厳しい状況にある地域の公共交通事業。 ネットワークとして住民目線で利便性と持続可能性を高めるためにいかなる形が良いのか、関係者が一同に会して協議を始めていかなければなりません。 その […]

活動報告
法務副大臣活動記(45)New!!

ー衆議院厚生労働委員会にて答弁ー 本日の衆議院厚生労働委員会にて共同親権についての法制審議会での議論の現状と先の見通しについて答弁いたしました。 また、法務委員会では刑法等の改正案について一部修正の上、可決すべきものとの […]

活動報告
沖縄復帰50周年記念式典New!!

昭和47年(1972)5月15日、沖縄県はアメリカの統治下から日本に復帰しました。 その日から50年の昨日、沖縄県宜野湾市と東京をオンラインで結び記念式典を開催。 天皇皇后両陛下におかれては、オンラインでご臨席になり、天 […]

活動報告
声を聞き政策に、それを伝えまた声を聞くNew!!

昨日は、自民党青年局の局長代理で同期の星鈴木憲和代議士と期待のルーキー平沼正二郎代議士が来青。 まず参院選挙に立候補予定の齊藤なおひと県議や県選出国会議員とともに大学生や若手農業・漁業者、若手経営者と意見交換。また、合間 […]

活動報告
日頃の支援に感謝を込めて

地元青森で久しぶりの大規模な集会を開催いたしました。 講師は自民党幹事長茂木敏充代議士。私がお世話になっている政策グループ平成研究会の会長でもあります。 また、ご来賓として党青森県連会長の江渡あきのり代議士、神田潤一代議 […]

活動報告
地域公共交通ネットワークの再構築

ポストコロナの地方創生実現のための公共交通ネットワークの再構築を目指す議員連盟の総会を開催。 事務局長として、司会を務めました。 地域公共交通ネットワークの利便性向上と持続性を高める方策と財源に関する議論が熱心に行われま […]

活動報告
法務副大臣活動記(44)

ー重要法案の質疑にて答弁ー 重要法案の質疑が各委員会で進められています。 法務委員会では、刑法等の一部改正案など、内閣委員会では、厚生労働委員会との連合審査を行い、こども家庭庁設置法案などの質疑が行われています。 連合審 […]

活動報告
つしま淳政経フォーラム開催

昨日、政経フォーラムを開催いたしました。東京でのフォーラムは3年ぶりの開催です。 まずは、大島理森前衆議院議長による講演。ロシアによるウクライナ侵略と改めて問われる民主主義のあり方と言うテーマで丁寧にお話しいただきました […]

活動報告
齊藤なおひと後援会事務所開き

参議院議員選挙に自民党公認で立候補予定の齊藤なおひとさんの後援会事務所開きが開催されました。 在京当番明け、青森市に駆けつけ激励を。 事務所スタッフの皆様、投開票日までともに頑張りましょう!

活動報告
GWは在京当番

GWは法務省の在京当番のため東京にいます。 書類整理や読書などまとまった時間を必要とすることに取り組んでいます。

ごあいさつ

謹啓

 先ごろ行われました衆議院議員総選挙では、皆様の我が自民党に対するご支持・ご支援を賜り、お陰様で私つしま淳は比例東北ブロックにて当選を果たせました。また、本県全選挙区で、我が党公認候補全員の当選を果たせました。皆様、本当に有難うございます。

 さて、総選挙後の特別国会で岸田文雄総裁が改めて総理大臣に選出され、第二次岸田内閣が発足いたしました。私は、引き続き法務副大臣を務めます。総選挙後より早速、様々な公務に励んでおります。法務省は、来年四月一日施行の成年年齢の十八歳への引き下げ・人権擁護・適正な出入国管理など重要かつ喫緊の課題を抱えております。適切な法務行政を行う一翼として古川大臣を補佐し、共感と寛容の共生社会づくりのため職務に取り組んでまいります。

 一方、東京での公務のため、皆様へのご挨拶がなかなか出来ない状況にございます。お世話になった皆様に大変ご無礼かと存じますが、取り急ぎ思いをお伝えしたいとペンを執った次第です。

 今後とも、青森に戻りました折には、皆様との対話の機会を出来るだけ設けようと考えてございます。皆様には引き続き、私つしま淳に対するご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

謹白

令和3年11月

政治の世界には二面性があるとよく言われます。これが皆さんの政治不信を生むことを念頭に、私は常に裏のないクリーンな政治を心掛けています。
着実に確実に、幸せの輪を広げるため、すべての人にやさしい政治、これが私の目指すところです。

MENU
PAGE TOP