総裁選、岸田文雄さんを支持します

#自民党総裁選 #岸田文雄 #チーム岸田#声をかたちに #信頼ある政治

岸田文雄公式webサイトはこちら↓
https://kishida.gr.jp/sousaisen/
いつも自民党並びに私つしま淳の活動に対し、 深いご理解ご協力を賜り、心より厚く御礼申し上げます。ありがとうございます。

私たち自民党はこれまでの新型コロナ対策を検証・改善しながら、強力に進めます。特に医療体制整備と国産ワクチン・治療薬の開発に取り組んでまいります。

さて、今月29日に投開票を行う自民党総裁選についてこれまで、私は意中の候補の表明を控えておりました。その理由は、第一に各候補の政策や人柄を充分確かめてから決めることにしたことです。

政策では、
①経済財政政策、②エネルギー政策、③地域と地場産業の活性化を特に重視いたしました。

第二に、若手衆議院議員の改革の集まり「党風一新の会」の世話人であることです。

「党風一新の会」では、9月21日火曜日に候補者との意見交換会を開催しましたが、その終了まで表明は控えるべきと考えたのです。

意見交換会が終わった今、総裁選で、私は、岸田文雄さんを支持することを表明いたしました。以下、その理由を申し上げます。

①経済財政政策私は、これまでの経済政策の基本的考え方である新自由主義を見直す必要があると考えています。新自由主義とは、政府は経済市場になるべく介入しない、公正な競争に基づく市場原理に経済を委ねるとする考え方です。国境を越えて活動するグローバル企業にはその方がいいでしょう。
しかし、地方経済では、競争ではなく共存共栄を目指す考えにシフトすべきです。
財政政策では、財政健全化の旗印は下ろすべきではありません。コロナ対策では、苦境にある皆様を支援するため、大規模な財政出動を行うべきです。
しかし、財政において収支均衡ということを念頭におくこと、借金は将来世代へのツケでもあることは忘れてはなりません。

②エネルギー政策青森県には、多様なエネルギー産業が立地しています。原子力発電や核燃料サイクル事業など原子力エネルギー関連も県経済の支え手であり、雇用の創出産業です。
国策として進めているこれらの政策に青森県はこれまで多くの議論と地域の皆様のご理解のもと多大な協力をしていることにもなります。
私は原子力発電・核燃料サイクル事業、また、六ヶ所村で進めている核融合実験炉ITERは推進すべきという立場です。

③地域と地場産業の活性化わが国には、多様な地域とそこに根付く文化があります。
地域ならではの産業もあります。国土強靭化や農林水産業の振興等によって、地域を守り、次世代に引き継いでいくことも政治の重要な責務です。

これら3つの観点について私の考えに最も近いのが岸田文雄さんだと判断した次第です。
最後に、リーダーとしてどのような能力が求められるのかという点について私の考えを申し上げます。

政策の良し悪しは、現場の問題意識が着実にその政策に反映されているかどうかによって決まります。政府が机上で立案したものに現場の声を反映しなければいい政策は生まれません。国のリーダーたるもの、国民の声・地域の声をきちんと聴くことができなければならないと私は思います。

聴く力が重要なのです。岸田文雄さんにはその力があると、「党風一新の会」の意見交換会で感じました。

以上、自民党総裁選において、私が岸田文雄さんを支持する理由を申し上げました。
党員の皆様には、私の考えも参考にしていただければ幸いに存じます。

よろしくお願い申し上げます。

令和3年9月23日
衆議院議員 津島淳

Follow me!

皆様の声を自分の思いとして政府・自民党に届けてまいります。
私は常にクリーンな政治を心掛けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です